タイ・ アオナンビーチ

ホテルに荷物を預けて、さあどこへ? ・・・

クラビタウンへ行ってみよう ・・・

移動手段は? ・・・

バス停どこ? 乗り方? タクシー?高いでしょ~ モタサイ(原チャリ2人乗りバイク便)は交渉が? トゥクトゥクも高いらしいし ・・・

一番安いのは、 ソンテオ(改造軽トラ)だけど、タウン行きが赤塗りだとか白塗りだとか? ・・・

とりあえず手上げて止めてみた ・・・

勉強したタイ語カタコトで「ヤークパイ クラビタウン」2.3回 、「タオゥライカップ」と言ってみた ・・・

返ってくる言葉は全くわからない? メニュー表を出してきた ・・・

英語表記で行き先と値段が書いてある ・・・

Krabi Town - 500B と 書いてある ・・・

とりあえず乗ってみた ・・・

屋根付き椅子付きの軽トラ荷台に乗り込み走る事20分ぐらい、何となく繁華街に到着した ・・・

たぶんクラビタウンでしょっ ・・・

お金を支払い ・ 歩きだす ・・・

適当にウロウロ歩いていると ・ あれは~ 自宅にてネット検索でみた、原始人信号機だ ・・・

これか ・・・

少し買い物しようと、お店を探しまわる ・・・

街は下水の嫌な臭いがちょくちょくする ・・・

飲食店も扉はなく開放状態で食事してるけぞ、臭いは気にならないみたいですね ・・・

少し脇道へそれると裏にはゴミ、ネズミがデカイ~ ・・・

とりあえず、肩がけのカバンと小銭入れと、ネックレスを買った ・・・

日本の三分の一ぐらいの値段かなぁ~ ・・・

お腹も減ったが、露店で売ってる鶏肉・揚げ物・麺類・他などいろいろあるが、初日だし、何で当たるかわからず怖くて食べれない ・・・

デパートらしい建物発見、中にケンタッキー発見 ・・・

3Fぐらいのデパート、日本の駅前のデパートみたいだ ・・・

やはりチキンが食べたくなり、ケンタッキーで注文 ・・・

値段は日本とあまり変わらない ・ もちろん味も見た目もそのままでした ・・・

そろそろ戻ろうと交通手段をさがす ・・・

歩き回っている時、ソンテオの停留所で 「アオナン~」と言っていたよねぇ~ ・・・

歩いて探して見つけた ・・・

「アオナ~ン」の声。 アオナンと答える ・ すかさず 「タオゥライカップ」と返す ・ 「フィフティーバー」 ?・?・・・

英語かなぁ? 英語がわからないので、「ハースィップバー」と聞くとうなずいてる ・・・

50B ?でも 行きを考えると安すぎ??? 500 じゃない? 不安 ・・・

最悪 500B 行きと一緒と思いつつ乗車 ・・・

すでに欧米人が少し大きい軽トラの荷台に5人乗っていた ・・・

僕ら2人も乗り込むがまだ出発しない ・・・

待ってると少し太めの欧米女性人3人が乗車、まだ出発しない ・・・

タイ人の男女2人が助手席に座り、やっと出発 ・・・

運転手入れて軽トラに13人です、エンジンは、うなってるし・カーブは横転の危険があるし・マジこえ~す ・・・

いくらかなぁ~と考えてると、欧米人が好きな場所で止めて降りていく ・・・

一人、50B 渡している感じ ・・・

僕らもホテルの目の前で止め2人分100B を払った ・・・

行きの空港からのタクシーとは違う道で、ビーチの方から回ってきた ・・・

ホテルからビーチ沿いの店舗と雰囲気わかったってよかった ・・・

とりあえずホテルでチェックイン ・・・

セイフティーBOX の暗証番号の設定を英語で説明された ? 微妙 ?

設置の手順を見せられて、やらされた ・・・

できた ・ 「OK~ OK~」と言っている ・・・

いろいろ他も説明されたけど ?・?・ わかりません ・・・

部屋はツインベットでバスタブにカーテンでシャワー・トイレ・洗面台が設置

テレビ、冷蔵庫、ミネラルウォーター500ml 2本とシーツとタオルが毎日無料で交換されるた ・・・

まあ、とりあえず長ズボンから着替えてビーチへ向かうことに ・・・

ビーチまでは歩いて10分ぐらいあった ・・・

道沿いはレストラン・お土産店・マッサージ・個人スーパー・ホテル・両替所・コンビニ・ツアー会社・などが両側に並んでいる ・・・

裏にそれると怪しいBAR などがある感じ ・・・

こっちに来てオドロキは交通ルール ・・・

原付はノーヘルで3人乗りが当たり前です ・・・

車もバイクも積載人数乗れるだけ ・・・

アオナンビーチはマイナーなビーチな感じ、少し左奥へ砂浜を歩いた ・・・

海の家が10軒ぐらい並び、すべてマッサージ屋さん ・・・

そこを通りすぎると、ウッドデッキの道が ・・・

サルがいっぱい ・ 日本のサルとは違う感じ ・おとなしくて ・ 怖くない ・ 少し小さい? ・・・

またぎながら歩いた、人に慣れてますね~ ・・・

そのまま進むと急な登りの階段で、ひと山超えると ・綺麗で静かなビーチが見える ・・・

降りていくと入口付近に立屋が、中には警備員2人 ・・・

出てきてなんか言ってるけど、わからない ??? ・・・

た・ぶ・ん 別荘地 ? ・・・

何か怒られそうだから、そのまま引き返した ・・・

明日のライレイビーチ行きの乗り場を確認して、買い物をしながら一度ホテル戻った ・・・

次へ続く >>



記事へのコメントはこちらから